« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月15日 (木)

大野雄二リラックスしたピアノトリオの真骨頂

Img_2031 ピアニスト大野雄二の人気シリーズ「LUPIN THE THIRD JAZZ」の最新盤「YUJI OHNO TRIO/For Lovers Only」が久々のピアノトリオでリリースされた。04年の「PLAYS STANDARDS&OTHERS」以来の純粋なトリオ作になる。トリオのメンバーで長く不動のドラマーだった村田憲一郎に代わって大野自身の管入りコンボ「LUPINTIC FIVE」の気鋭のドラマー江藤良人の参加が興味をひく。これは言わばLUPINTIC FIVEのリズムセクションによる作品。06に結成されたLUPINTIC FIVEは有能な若手を率いて活力溢れるジャズを発信し精力的な活動を行っているが、一方でスタンダードを小粋にスウィングして楽しませるピアノトリオも格別だ。一聴して商業主義的な軟弱ジャズと思われがちだが奥が深い。大野トリオの真骨頂はジャズの匠の技にある。何の変哲もないスタンダードだが原曲をストレートにうたい明快なスウィング感と絶妙な歌心に完璧に魅了される。エネルギッシュな激情感とは無縁で、あるのは落着いた豊潤感のある大人のジャズ。レギュラーメンバーの安定感のある珠玉の10曲。中でもG・ミラーの"Moonlight Serenade"B・バカラックの"This Guy's In Love With You"が目新しい。他に"The Shadow Of Your Smile""Sunny""Corcovado""Smile"などのスタンダードに大野の人気曲"LoveBallade"も収録されている。注文がひとつ。ジャケットが最悪で全くジャズ的センスなしの愚作。コンテンツにリンクしたデザインを望む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

安保徹不滅の名演蘇る

Img_2030 本邦バップテナーの雄、安保徹の不滅の名演を収めたアルバムの旧作が約10年振りに2枚組でリリースされた。「LIVE AT BASH AGAIN ! TORU AMBO」。1999年の初版「I SHOULD CARE/TOHRU AMBO Quartet Live at BASH」では9曲収録されていたが新たに6曲追加された2枚組。安保の実力はもとよりバップテナーの魅力を存分に味わえる極上盤だ。メンバーは安保の他にピアノ、太田寛二、ベース池田きよし、ドラムス、村田憲一郎のカルテットに曲によりヴァイブの武田直哉がゲスト参加する。ワンホーンで豪放にブローする安保のテナーに太田のバップイディオムのピアノは正にモダンジャズの神髄を聴かせる。10年経過しても少しも新鮮さを失わない演奏に感服する。安保のようにジャズの伝統をしっかり継承しジャズシーンの最前線に君臨している事は頼もしい限りだ。このあと安保は2003年にベースのみ変わったカルテットで「MISTY NIGHT」を録音して好評を博し、太田は2001年にNYで久々のトリオ作で話題をさらった。今回の2枚組に追加された6曲は"Lover Come Back To Me"
"Anthropology""If You Could See Me Now""Deep Blue Cello""Hush A Bye""Red Top"
C・パーカー、D・ダメロン、S・ジョーンズらのジャズメンオリジナルにスタンダード。
Img_2029

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »