« 偉大なセロニアス・モンク | トップページ | 札幌発山田敏昭トリオのファーストアルバム »

2008年9月24日 (水)

デイブ・ブルーベックのカナディアン・コンサート

Img_1917 ジャズを聴き始めた頃,えらくデイブ・ブルーベック・カルテット(DBQ)にはまっていた。D・ブルーベックとP・デスモンドの白人コンビの都会的センスとタイム感覚に魅せられたのだ。この夏DBQ後期の作品でかつてカナダの”Can-Am”からリリースされた「the Canadian Concert of Dave Brubeck」の再発盤で新たにTV放送音源を追加した「Dave Brubeck Quartet the1965 Canadian Concert」(GAMBIT)。DBQの殆んどのアルバムは米Columbiaからリリースされていたので例外的な作品になる。DBQはデスモンドが退団する17年間はブルーベックとデスモンドは一心同体であったといえる存在。60年代怒涛のごとくアルバムが制作され、どれも水準以上の評価を得てモダンジャズの人気の一翼を担った。このCDはCan-Am盤から8曲、追加された62年の音源から4曲の12曲が収められている。DBQは普段着のまま得意の曲を演奏し安心して聴けるもので正に絶頂期といえる。アナログ盤と比べてみると演奏時間が違っていたりCDに入っていなたったりと双方で編集しているようだ。曲はST.LOUIS BLUES,TAKE THE A TRAIN, CULTUAL EXCHANGE, TANGERINE,THESE FOOLISH THINGS,KOTO SONGに追加音源からST.LOUIS BLUES、NOMAD,THANK YOUなどただ2曲が短くフェードアウトされている(TAKE FIVE, BRANDENGBURG GATE)のは残念。
1965.8.22 Canada 1962.1.14 NY

Img_1918

Can-Am 1500

|

« 偉大なセロニアス・モンク | トップページ | 札幌発山田敏昭トリオのファーストアルバム »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/23959253

この記事へのトラックバック一覧です: デイブ・ブルーベックのカナディアン・コンサート:

« 偉大なセロニアス・モンク | トップページ | 札幌発山田敏昭トリオのファーストアルバム »