« 初めて聴くジョン・ナザレンコのピアノ | トップページ | デイブ・ブルーベックのカナディアン・コンサート »

2008年9月23日 (火)

偉大なセロニアス・モンク

Img_1916 邦題「セロニアス・モンクの肖像」と題されたDVDを中古で見つけた。91年の作品で米では「Theronious Monk AMERICAN COMPOSER」とタイトルされたもの。このDVDはモンクの過去の演奏を収めたものではない。ジャズピアニストとしてジャズ史に偉大な功績を残したモンクを関係者のインタビューや演奏を通して足跡を辿って行くもので約60分の内容。関係者のモンクの証言は興味が尽きない。映像はモノクロ中心で部分的に流されるモンクの歴代カルテットの個性的なサウンドの全体像が克明に流される。伝説的なラウズのソロの場面でモンクがバッキングを中断して踊りだすシーンは見もの。インタビューはバリー・ハリス、ランディ・ウェストン、オリン・キープニュースらの回想シーンが映像をはさんで再三流れる。モンクが物故して既に四半世紀以上経過したが時に関係なくピアニストと、コンポザーとしてモダンジャズの歴史に残した遺産は不滅だ。収録曲はモンク定番のブルー・モンク、エピストロフィー、モンクス・ムード、ラウンド・ミッドナイト、エヴィデンス、ウェル・ユー・ニードントなど。

|

« 初めて聴くジョン・ナザレンコのピアノ | トップページ | デイブ・ブルーベックのカナディアン・コンサート »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/23926432

この記事へのトラックバック一覧です: 偉大なセロニアス・モンク:

« 初めて聴くジョン・ナザレンコのピアノ | トップページ | デイブ・ブルーベックのカナディアン・コンサート »