« 青木弘武快心のベスト盤 | トップページ | 右近茂 2作目のリーダー作 »

2008年9月11日 (木)

BeBopは健在

Img_1904 ”バップは不滅”を地で行くグループがフィル・ライト・トリオ。タイトルもズバリ”3BOP”とは単刀直入で見事。2007年リリースの「THE PHIL WRIGHT TRIO」米ロスを拠点で活躍する。メンバーはピアノ:フィル・ライト、ベース:ヘンリー・フランクリン、ドラムス:ドナルド・ディーン。知名度ではフランクリンが70年代にH・ホーズと共演して知られた存在だがいずれもバップを標榜するベテランのメンツ。1曲目のC・ウォルトンの名曲"Holy Land"は重厚なシングルトーンから導かれるトリオサウンドのグルーブ感に陶酔する。エリントンの"I'm Gonna Go Fishin'"は最近殆んど取り上げられなくなくなった曲でライトの絶妙な解釈が聴き所。"My Old Flame"のバラードプレイもベテランの味が出た演奏が光る。ライトのオリジナル"Monsieur Philippe"はマイナーキーの哀愁を帯びた佳曲。他にライト、フランクリンのオリジナルにスタンダード全10曲。オーソドックスで安定したサウンドはハードバップの健在を余すとこなく伝える力演。

2006.10.7,11,8

|

« 青木弘武快心のベスト盤 | トップページ | 右近茂 2作目のリーダー作 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/23658803

この記事へのトラックバック一覧です: BeBopは健在:

« 青木弘武快心のベスト盤 | トップページ | 右近茂 2作目のリーダー作 »