« クール派サル・モスカ最晩年の作品 | トップページ | 巨星ジョニー・グリフィン堕つ »

2008年7月27日 (日)

好調松尾明トリオ

Img_1817 「寺島レコード」のデビュー盤「AKIRA MATSUO/alone together」は期待通りの人気を博したヒット作。この夏、早くも2作目をリリースして軌道に乗り始めた。ジャズ的な豪快な録音、コーティングされた堅牢ジャケット、多彩な収録曲など寺島氏好みを反映した作り。メンバーはリーダー、ドラムスの松尾の他ピアノ:寺村容子、ベース:嶌田憲二のトリオに曲によりヴォーカルにMAYAと西田幹のトロンボーンが加わった編成で基本的にはピアノトリオ。松尾トリオは前作では隠れた名手二村希一を起用していたが今回の寺村も正攻法のピアニスト。一般的に女性ピアニストの弱点はソフト過ぎて力強さが不足する事だが寺村のピアノは低音を効かせた男性顔負けのダイナミックなピアノを弾く。松尾の的確なドラミングと相まってバランスの取れたトリオだ。一つ気になる事がある。ジャケットデザインの女性の顔を大写しにしているが軟弱で気に入らない。前作もそうだったがどうも寺島氏は女性の顔をデザインしたいらしいがこの路線でいくのだろうか。曲は13曲で有名曲をオーソドックスに良くスイングする。"Autumn Leaves"は奇をてらい過ぎていて感心しない。シンプルにストレートに演るのがこの曲の良さが出る。3作目はピアノトリオのみで勝負してほしい。
2007.5.25-28

|

« クール派サル・モスカ最晩年の作品 | トップページ | 巨星ジョニー・グリフィン堕つ »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/22557926

この記事へのトラックバック一覧です: 好調松尾明トリオ:

« クール派サル・モスカ最晩年の作品 | トップページ | 巨星ジョニー・グリフィン堕つ »