« A・ブレーキーに捧げたドナルド・ハリソン | トップページ | 山見慶子の隠れた名演 »

2008年7月12日 (土)

チェット・ベイカーのスウェーデン録音

Img_17761 チェット・ベイカーは75年頃から演奏活動の拠点をヨーロッパに求めた。その活動範囲は多岐に亘り、残された無数の音源はフランス、イギリス、ドイツ、イタリア、デンマーク、ベルギーなどヨーロッパ各国に及ぶ。今回はスウェーデンDRAGONレーベルの「CHET BAKER LIVE IN SWEDEN with AKE JOHANSSON TRIO」。チェットの欧州録音はワンホーンが多く残されているがこれもその一つ。デュオ、トリオでピアノレスやドラムレスなど色々な編成も多いがこれは最もオーソドックスな編成。サイドメンのアケ・ヨハンソントリオは本国でも有能なトップジャズメンとして知られていてチェットによっては願ってもない布陣。後にリリースされたCDではオリジナルに加え3曲追加されている。全5曲。一曲目、J・J・ジョンソンの有名な"LAMENT"からチェットのバラードプレイは淡々と情感をこめて演奏する。2曲目,スタンダード"MY IDEAL"で得意のヴォーカルが聴ける。過去にストリングスを加えた作品で同名タイトルの"YOU CAN'T GO HOME AGAIN"はセンシティブ溢れた唄い上げとヨハンソンのソロと共に印象に残る演奏。
CHET BACKER(tp,vo)AKE JOHANSSON(p)KJELL JANSSON(b)GORAN LEVIN(ds) 1983.9.29

|

« A・ブレーキーに捧げたドナルド・ハリソン | トップページ | 山見慶子の隠れた名演 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/22197821

この記事へのトラックバック一覧です: チェット・ベイカーのスウェーデン録音:

« A・ブレーキーに捧げたドナルド・ハリソン | トップページ | 山見慶子の隠れた名演 »