« ベテラン大隅寿男のスウィンギーな作品 | トップページ | モーリス・ヴァンデールのクロード・ヌガロ特集 »

2008年7月20日 (日)

スウェーデンのバップ集団MARMADUKE

Img_1810 スウェーデンの若いバップ集団MARMADUKEの最新作「MARMADUKE/CONFLICTIONS」。この所ヨーロッパ各国で本格的に古典回帰の動きが顕著に見受けられる。ビ・バップやハードバップを指向する若く優れたグループが活躍していることは頼もしい限り。このグループ結成されたのは5年前、地元のクラブなどでグループの活動経験を積んできている。メンバーは特定のリーダーは設定していないようでトランペット:サミュエル、オールソン、テナー:フレデッリク・リンドベリ、ピアノ:マッティ・オリカエネン、ベース:ヴィクター・ファーバッケン、ドラムス:ゴラン・クルーンの2管3リズムのクインテットで保守的に伝統を維持している所がいい。年齢も20代後半から最年長はドラマーの44歳、中心は30代で気力充実のメンバー。C・パーカーを標榜し徹底的に50年代の本物のバップ回帰を追及する姿勢が見事。全10曲の内ガレスピー、T・モンク、B・パウエル、M・デイヴィス、D・エリントンのジャズの巨匠達の5曲にメンバーのオリジナル4曲とスタンダード1曲。どれもジャズの緊張感が張り詰め、刺激に満ちた演奏を展開する。1曲目の"OLD DEVIL MOON"から正統派の生きの良いバップサウンドが炸裂する。
2007.7.18~20

|

« ベテラン大隅寿男のスウィンギーな作品 | トップページ | モーリス・ヴァンデールのクロード・ヌガロ特集 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/22408290

この記事へのトラックバック一覧です: スウェーデンのバップ集団MARMADUKE:

« ベテラン大隅寿男のスウィンギーな作品 | トップページ | モーリス・ヴァンデールのクロード・ヌガロ特集 »