« ピアニスト藤井貞泰 | トップページ | O・ピーターソン黄金トリオ初期の傑作 »

2008年6月27日 (金)

ドン・ベネット渾身の力作

Img_1761 シカゴ出身のピアニスト、ドン・ベネットはオーソドックスで本格派のピアニスト。かつてのW・ケリーやR・ガーランドの雰囲気を持っている。知名度こそ高くは無いがジャズフィーリングと唄心は折り紙つきの旨さがある。これはCANDIDレーベルの2枚目のピアノトリオ。「DON BENNETT/SIMPLEXITY」。前回からベースが変わっている。今回はドンのオリジナル6曲と全体の半数を占め,ドンの資質を全面に出した作品。明快なシングルトーンとブルージーなバップピアノのバランスがとれていて絶妙のスイング感はジャズの神髄を余すところ無く伝えている。全12曲。スタンダード6曲。
DON BENNETT(p)ALEKSANDAR MILOSEVIC(b)DOUG SIDES(ds)
1995.9.3 Holland

|

« ピアニスト藤井貞泰 | トップページ | O・ピーターソン黄金トリオ初期の傑作 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/21875969

この記事へのトラックバック一覧です: ドン・ベネット渾身の力作:

« ピアニスト藤井貞泰 | トップページ | O・ピーターソン黄金トリオ初期の傑作 »