« G・バッソとG・マヌサルディの大物の共演 | トップページ | マーク・モルガネリ、ワンホーンの快演 »

2008年6月30日 (月)

ソニー・クラークの隠れたトリオ盤

Img_1764 ピアニストのソニー・クラークは本邦で最も人気のあるジャズメンの一人。30歳そこそこの若さで他界したが多くの人気作をブルーノートに残してくれた。クラークの魅力は難解さを排して単刀直入に表現していることが受け入れられているのではないか。1950年代中期の諸作はとりわけファンから絶大な評価が与えられているのも事実。今回はブルーノートの人気盤「Sonny Clark Trio」より前の録音。トリオによる自身の2作目で米UpTownレーベルの「SONNY CLARK  Oakland、1955」。ブルーノートと契約する前、米西海岸で活動していた時期のもの。すでにバップピアノの才能が開花してワンアンドオンリーで将来の大物の片鱗を随所に見せた演奏を展開している。録音はベストではないがクラークのシングルトーンを活かしたバップフレーズに引き込まれる。サイドメンはローカルジャズメン。曲は全12曲。スタンダード中心だがD・ガレスピーの"Night In Tunisia",M・ジャックソンの"Bag's Groove"などのジャズメンオリジナルを取上げていてクラーク初期の実力をしめした演奏。
Sonny Clark(p)Jerry Good(b) Al Randall(ds) 19551.13

|

« G・バッソとG・マヌサルディの大物の共演 | トップページ | マーク・モルガネリ、ワンホーンの快演 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/21943489

この記事へのトラックバック一覧です: ソニー・クラークの隠れたトリオ盤:

« G・バッソとG・マヌサルディの大物の共演 | トップページ | マーク・モルガネリ、ワンホーンの快演 »