« ブログ再開しました | トップページ | タイムレス初期の傑作 »

2008年6月14日 (土)

ハードバッパージョン・マーシャル

Img_1743 オランダーのBlueJackレーベルは忘れかけていたジャズマンがある日突然顔を出す意外性のあるレーベル。いくつものシリーズ物があり新旧織り交ぜた多彩なラインアップが魅力。何故か本家ではとっくにリリースされていても本邦には入ってこないのは残念だ。今回はハードバップトランペッターの実力派JOHN MARSHALLのワンホーン「ALMOST BLUE」。リズムセクションは定評のあるROB AGERBEEKトリオが参加。MARSHALLはデンマークのorganicレーベルに高水準のハードバップを演奏している貴重な存在。ここでもスタンダード中心の正攻法の演奏はジャズの伝統を継承し絶賛されるもの。
John Marshall(tp、flh)Rob Agerbeek(p)Harry Emmery(b)Ben Schroder(ds)
2006.2.3  BJJR038

|

« ブログ再開しました | トップページ | タイムレス初期の傑作 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/21615460

この記事へのトラックバック一覧です: ハードバッパージョン・マーシャル:

« ブログ再開しました | トップページ | タイムレス初期の傑作 »