« スイングテナーの第一人者右近茂のリーダー作 | トップページ | 日本クラウン「The Best Friends」シリーズの江草啓介 »

2007年8月 1日 (水)

Jazzcraftに残したハワード・マギーの復帰作

Img_1294 70年代デンマークにあったJazzcraftは僅かなアルバムをつくって姿を消した伝説のレーベル。その中の1枚でバップ時代の中心的人物、トランペッターのハワード・マギーの復活をかけた久々のアルバム「HOWARD McGHEE-Jazzbrothers」。オリジナルは処分したのでストリーヴィルのCDを残しておいた。メンバーはテナー、チャリー・ラウズ、ピアノ、バリー・ハリス、ベース、リスル・アトキンソン、ドラムス、グラディ・テイト、コンガ、ジャウル・カーティスのセクステットでベテラン中堅のバップに長けたメンバーで固める。マギーは40年代からバップの発信者として最前線で活躍し一目置かれた存在だった。60年代にベツレヘムに”ダスティ・ブルー”やコンテンポラリーに”マギーズ・バック・イン・タウン”などの佳作が印象に残る。さらに夢をもう一度と復活をかけてセッションをもったのがこのアルバム。かつてのひらめきや鋭さは後退しているものの往年の片鱗を随所に見せてハードバップの醍醐味を感じさせる。ハリス以下、サイドメンも実力通りに個性を活かし安定した底力を示している。演奏はオリジナル盤7曲に未発表1曲と別テイク2曲の全10曲。クレジットでは全てマギーの作編曲となっているが。異名同曲やスタンダードも含まれている。CD化で手違いもあるようだ。演奏はまさにハーバップの王道を行く濃密な演奏。
1977.10.19 STORYVILLE STCD 8266

|

« スイングテナーの第一人者右近茂のリーダー作 | トップページ | 日本クラウン「The Best Friends」シリーズの江草啓介 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/7337227

この記事へのトラックバック一覧です: Jazzcraftに残したハワード・マギーの復帰作:

« スイングテナーの第一人者右近茂のリーダー作 | トップページ | 日本クラウン「The Best Friends」シリーズの江草啓介 »