« バップを信望する金子亜里紗 | トップページ | 田村博のコール・ポーター作品集 »

2007年7月21日 (土)

ジャズヴァイブ藤井寛の初リーダー作

Img_1250 本邦ジャズヴァイブのトップスターに君臨している藤井寛。1995年10月に佐藤マサノリ氏主宰のマイナーレーベル「CAB RECORDS」の記念すべき第一作にリリースされたのが藤井寛の初リーダー作「Parker's Mood/KAN FUJII」。バイプレヤーとして活躍していて華々しい脚光を浴びるには至らなかったが、これで今迄蓄積していたジャズスピリットが見事に具現化した.藤井のアルバムは初リーダー作を始め高音質レーベルの「AKL」から二つのリーダー作など皆マイナーレーベルなのだ。モダンヴァイブの素晴らしさを発信するためにももっとメジャーで注目されるプレヤーではないかと思う。セッションは1993年から94年にかけて3回セットされた。フルートを加えたクインテット3曲にヴァイブに3リズムのカルテットが4曲の全7曲。比類なきバップピアニスト田村博、ジャズオルガンの第一人者酒井潮、ベテランベーシスト稲葉国光、ドラムスに御大五十嵐武要という名手の参加も聴き所。C・パーカーのタイトル曲を始めジャズメンオリジナルが殆んど。演奏はどれもモダンジャズの本流を行くストレートアヘッドなもの。これはスイングとグルーブ感が横溢した見事な作品。
CAB RECORDS CBCJ-0001

|

« バップを信望する金子亜里紗 | トップページ | 田村博のコール・ポーター作品集 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/7204001

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズヴァイブ藤井寛の初リーダー作:

« バップを信望する金子亜里紗 | トップページ | 田村博のコール・ポーター作品集 »