« 田村博のコール・ポーター作品集 | トップページ | テナー奏者高橋達也の本格派ジャズ »

2007年7月23日 (月)

メロディアスなドラマー松尾明の快作

Img_1254 オープニングナンバーのD・ガレスビーの"Be-Bop"からジャズフィーリングに溢れたグルービーな演奏に圧倒されてしまう。ベテランドラマーの松尾明が2003年に放った「AKIRA MATSUO/I didn't know about you」。メンバーはリーダー松尾の他ピアノ二村希一、ベース嶌田憲二の安定感抜群のトリオ。松尾はライブスポットなどではもっぱらトリオで出演する一方、古くから「TAKE TEN」という6管になる9人編成のビックコンボのリーダーとして活動している優れたドラマー。ジャズドラマーはスタンダードのバッキングでは歌詞を口ずさみながらドラミングしていると良く聞く。つまりヴォーカリストと一心同体の感覚でプレイする。松尾明はまさにその第一人者でヴォーカリストの信頼度は高い。演奏は派手さを排してジャズの伝統を重視し地に足を着けた見事な大人のジャズを聴かせる。大きくフィーチャーされるピアノの二村とは20年来の盟友。地味ながらモダンピアノのうまさは絶品で今や円熟の域に達している。演奏は全9曲。スタンダードとジャズメンのオリジナルなど松尾の長年の含蓄が込められた選曲が目をひく。"Be-Bop""Beautiful Friendship""Wee""I Didn't Know About you""Things Aint They What Used To Be""Old Cape Cod"など。最後の"Old Cape Cod"は松尾のバークリー土産の曲でミディアムテンポにのってリラックスした演奏は爽快感が漂う。
Jazzfreak Records JFJ-3002

|

« 田村博のコール・ポーター作品集 | トップページ | テナー奏者高橋達也の本格派ジャズ »

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/7231318

この記事へのトラックバック一覧です: メロディアスなドラマー松尾明の快作:

« 田村博のコール・ポーター作品集 | トップページ | テナー奏者高橋達也の本格派ジャズ »