« ドラマー、ジミー竹内の音楽生活50年記念アルバム | トップページ | ドラマー、「ジミー・スミス&フレン ズ」の渋い傑作 »

2007年7月28日 (土)

オランダBlue JackのForgottenTapeシリーズ

Img_1286 オランダのBlue Jackレーベルの”Forgotten Tape”シリーズには興味深いアルバムがラインアップされていて目が離せない。その1枚、ギタリストの故ウィム・オーヴァーガウの「Wim Overgaauw Quartet/Just Friends」。オランダ・ハーグのライブを収めたもので録音状態は完璧ではないが貴重性から復元されたもの。メンバーはウィムの他ピアノホッド・オブライエン、ベースハリー・エメリー、ドラムスジョン・イーグルスのカルテット。オブライエン以外はオランダのジャズメン。ウィムは60年代オランダの名ピアニスト、ピム・ヤコブスのトリオに長く在籍して名作を残した事で知られており親しみ易いギターのうまさは絶品。このセッションの目玉はホッド・オブライエンの参加にある。最近米レザボアからライブ3部作の完結編をリリースして気を吐いているがBlue Jackの注目作と無関係ではなさそうだ。バップに根差した本格ピアノは迫力十分。ベース、ドラムスも渡欧した米ジャズメンと共演を重ねて実力を磨いた名手。J・イーグルスは60年代、オランダのバップバンド”Diamond Five”のドラマーを務め来日経験もあるベテラン。演奏は全6曲でC・パーカー2曲にC・ウェイン1曲とスタンダード4曲。ベテラン4人がジャムセッション風に得意のバップナンバーやスタンダードをリラックスしてのびのびとアドリブソロに集中した熱気が伝わって来る。各人のソロを大きくフィーチュアーされ、演奏時間もほどほどの長さでも冗長せず白熱した演奏が聴き所。
曲目は"Billie's Bounce""But Beautiful""Just Friends""Solar""I Can't Get Started""Dexterity"
1986.12.21 Blue Jack BJJR 009 

|

« ドラマー、ジミー竹内の音楽生活50年記念アルバム | トップページ | ドラマー、「ジミー・スミス&フレン ズ」の渋い傑作 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/7282900

この記事へのトラックバック一覧です: オランダBlue JackのForgottenTapeシリーズ:

« ドラマー、ジミー竹内の音楽生活50年記念アルバム | トップページ | ドラマー、「ジミー・スミス&フレン ズ」の渋い傑作 »