« 期待のピアニスト野本秀一の初リーダー作 | トップページ | D・エリントンのラストアルト奏者ノリス・ターネイの会心作 »

2007年5月31日 (木)

WOOFYレーベルのライブセッション・シリーズ

Img_1129 アリゾナ州フェニックスにある「WOOFY PRODUCTIONS」はウェスト・コーストのベテランジャズメンにスポーットを当て、主にライブレコーディングに特化しているレーベル。「LAS VEGAS LATE NIGHT SESSIONS」と題したシリーズで寛いだジャムセッションを聴かせている。今回は「The Eddie Bert-Gate Baltazer Quintet/Live at CAPOZZOLI'S」。このライブシリーズは2003年からハーモサ・ビーチの有名な「ライトハウス・カフェ」のライブも加わり昔懐かしいベテラン達のかくしゃくたるプレイに期待が膨らむ。一連のシリーズは何よりもセッションを楽しむ事に主眼を置きたい。シリアスジャズではなくエンタティメント性に価値を見出している。メンバーも過去にビッグバンドでの活躍が主であったため実力者でありながらソロイストの知名度は今ひとつ。ピアノのロス・トンプキンスがコンコード盤から馴染み深い。これらベテランの渋さと地味なメンツの飾らない生のプレイが自然体で展開される所が一番の聴き所である。演奏は全9曲でオリジナルは無く知られたジャズメンのオリジナル2曲にスタンダードが占める。理屈は不要でじっくりとベテランのジャズに耳を傾けたい。
Eddie Bert(tb)Gabe Baltazar(as)Ross Tompkins(p)Richard Simon(b)Paul Kreibich(ds)1999.2.6,7録音 WOOFY PRODUCTIONS WPCD92

|

« 期待のピアニスト野本秀一の初リーダー作 | トップページ | D・エリントンのラストアルト奏者ノリス・ターネイの会心作 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/6579723

この記事へのトラックバック一覧です: WOOFYレーベルのライブセッション・シリーズ:

« 期待のピアニスト野本秀一の初リーダー作 | トップページ | D・エリントンのラストアルト奏者ノリス・ターネイの会心作 »