« レザボアの主役ピート・マリンヴェルニ | トップページ | イタリアのアート・ブレ-キーは健在 »

2007年5月20日 (日)

エディ・ヘンダーソンの仏のライブ盤

Img_1065 トランペッターのエディ・ヘンダーソンが仏MARGEから生きの良いモーダルなスタイルのワンホーンジャズをリリースした。「EDDIE HENDERSONQUARTET/ECHOES」。2003年パリのライブ録音でヘンダーソンの近況が聴けるCD。年齢を感じさせない見事な音と溌剌としたプレイと共に精力的に新作を製作している事に感服する。気合の入ったシリアスなものが多く安易に妥協しない創作意欲はジャズマン魂というものだろう。メンバーはヘンダーソンの他は仏のジャズメン。ピアノに仏ジャズシーンの逸材ローレント・ド・ウィルド。80年代から活躍しモーダルなピアノを弾く新主流派の中軸だ。ヘンダーソンは革新性のある新しいサウンドが聴かれるが本質は伝統的なジャズを趣向するトランペッターだが新しさの中に先人のコンセプトが随所に顔を出す。演奏は全7曲。オリジナル3曲にジャズメン3曲とスタンダード1曲。ハンコックの"DOLPHIN DANCE"ストレートのテーマの後ヘンダーソンのアイディア豊かな斬新なサウンドが聴ける。"ON GREEN DOLPHIN STREET"ミュートでスインギーに演奏する。B・ドラモンドのオリジナル"DUBAI"ウィルドのモーダルなピアノの後ヘンダーソンの創造豊かなソロが光る。"OASIS"スローテンポでヘンダーソンの見事なトランペットが聴ける演奏。
Eddie Henderson(tp,flh)Laurent de Wilde(p)Gilles Naturel(b)Simon Goubert(ds)2003.7.3

|

« レザボアの主役ピート・マリンヴェルニ | トップページ | イタリアのアート・ブレ-キーは健在 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/6411146

この記事へのトラックバック一覧です: エディ・ヘンダーソンの仏のライブ盤:

« レザボアの主役ピート・マリンヴェルニ | トップページ | イタリアのアート・ブレ-キーは健在 »