« ベテランジャズメンの珠玉のバラード | トップページ | CD収納の苦労 »

2007年2月 9日 (金)

ハードバップが現代に蘇る「DMQ Live」 

Img_0805 50~60年代の熱血ハードバップが帰ってきた。2005年録音のホヤホヤの最新作。2管のユニゾンによるテーマからソロの突入にはぞくぞくする興奮を覚える。Donavan/Muradian Qnintet DMQ Liveがそれである。一昔前にはごく普通のスタイルであったがめっきり少なくなってしまったので余計に新鮮味が感じられる。このグループ当初は「ナイロビ・トリオ」と名乗っていた。店頭に飾ってあった時いつものトリオ物と思いCDを手に取ってライナーを見るとなんと2ホーン3リズムのバップ編成ではないか。ベースとドラムスの双頭コンボでピアノを含めた3人は最初からのメンバー。今度のリリースが3作目。5人なのにトリオでは具合が悪いのか名前変え、フロントの2人を入替えて再出発。メンバーは若くはないようだが演奏は 若さ溌剌。W・ショーターの「BLACK NILE」からエンジン全開。息詰まるソロの応酬は迫力満点。B・ゴルソンの「WHISPER NOT」でモダンスイングを展開。ジャズメンオリジナル、スタンダードの全7曲、聴き所満載。余談になるがジャケットの表裏のデザインが何故か名門「ブルーノート」を意識した作りのように思える。

|

« ベテランジャズメンの珠玉のバラード | トップページ | CD収納の苦労 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/5272609

この記事へのトラックバック一覧です: ハードバップが現代に蘇る「DMQ Live」 :

« ベテランジャズメンの珠玉のバラード | トップページ | CD収納の苦労 »