« マンサク≒まず咲く | トップページ | 琴線に触れるギタリスト中牟礼貞則 »

2007年2月 2日 (金)

「ニュースウォッチ9」の「ちぐさ」閉店特集

1月31日「ちぐさ」は閉店した。NHK夜の報道番組「ニュースウォッチ9」で昨日ジャズ喫茶「ちぐさ」の閉店の模様を特集した。「日本のジャズとともに74年、横浜の名物喫茶最後の名演」と題して21時半前に数分間放映した。最後だと思うと寂しさが込み上げて来た。旧知のトランペッター日野皓正も駆けつけ回顧談の後、初代マスターの大きな写真パネルに花とトランペットの絵を「末永く見守ってほしい」との願いを込めてしたためた。愛器のトランペットを取出しソロで「マイ・ファニー・バレンタイン」が店内に響く。吹き終わったあと「ちぐさは永遠」とポツリ呟く。閉店を惜しむ常連客が押し寄せ立見(聴)客が出るほどの大盛況。長年鳴らし続けたターンテーブルに最後に乗ったのはマスターの愛聴盤ビル・エバンスの名盤「ワルツ・フォー・デビー」。カートリッジが指先から離れトレースを始めるとお気に入りだった「マイ・フーリッシュ・ハート」が静かに流れ始めた。場面が変わり「ちぐさ」一帯は既に取壊され再開発が進んでいる様子が映し出される。閉店後「ちぐさ」を象徴していた看板が暗闇の中取外された。

|

« マンサク≒まず咲く | トップページ | 琴線に触れるギタリスト中牟礼貞則 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/5174279

この記事へのトラックバック一覧です: 「ニュースウォッチ9」の「ちぐさ」閉店特集:

« マンサク≒まず咲く | トップページ | 琴線に触れるギタリスト中牟礼貞則 »