« 杉原淳&サラブレッズの魅力 | トップページ | 肩痛の検査 »

2007年1月27日 (土)

バップピアノの伝承者太田寛二

Ota バップピアノの伝承者太田寛二が再び注目を集めている。なにしろ初リーダー作「BLUE HIGHLAND」が1982年の発売以来24年振りの初CD化で一躍脚光を浴びる事となった。「THINK!」レーベルの「昭和ジャズ復刻シリーズ」の1枚として陽の目を見たためだ。過去の名演快作の再登場はファンにとっても喜ばしい事と思う。最新作は2002年に20年振りに2作目が出た「IF YOU COULD SEE ME NOW」。タッド・ダメロンの名曲をタイトルにした初のNY録音。外人をサイドメンにすえて本場のジャズがレギュラーメンバーのように一体化し太田の現況が読取れる。太田寛二は寡作家である。サイドメンとして参加した白眉のものは1987年九州で録音されたドラマー守新治名義のトリオ作「Sweet Pumpkin」がいい。ピアノトリオで太田を大きくフィーチュアーした乗り乗りのプレイが圧巻。
Img_0765

←守新治のリーダー作「Sweet Pumpkin」
のサイドメンとして参加

|

« 杉原淳&サラブレッズの魅力 | トップページ | 肩痛の検査 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/5093327

この記事へのトラックバック一覧です: バップピアノの伝承者太田寛二:

« 杉原淳&サラブレッズの魅力 | トップページ | 肩痛の検査 »