« 村田浩&THE BOP BAND | トップページ | 気鋭のピアニスト金子亜里紗 »

2007年1月22日 (月)

ヒヨドリの食害

季節に咲き誇る花を見るのが好きで庭に数本の落葉樹を植えている。秋には落葉した枝に成熟した赤い実がのぞく。この時期からヒヨドリが実の獲物を狙って群をなして飛来してくる。1月の後半になって、飛来する機会が少なくなって来た。実をすべて食べ尽くしたのでどこかに移動したのだ。食べる実の種類は「サンシュウ」「ハナミズキ」「万両」「サンザシ」「ビナンカズラ」などを片っぱしから食べて丸坊主にする。実が無くなると今度は地際に結実した「オモト」の実まで食い荒らすので始末におえない。実の後は開花した花弁、蕾まで手を出す。これはまさに食害である。隣家の3メートル程のピラカンサに全体が真赤になるほど付けた実がわずか数日で食べ尽くされ葉だけが残る。ものすごい食欲に唖然とする。実をじっくり眺めるといった風情は微塵もない。ヒヨドリは漢字で卑鳥と書く。卑しい鳥とは昔の人は良くつけたものだ。食害から守る妙案はないものか。

|

« 村田浩&THE BOP BAND | トップページ | 気鋭のピアニスト金子亜里紗 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

りんごをすごい勢いで突っつくのは知っていましたがオモトの実までとは恐れ入りました。このごろ、庭にヒヨドリが来ています。そうするとツグミやキビタキはかくれてしまします。彼を子供たちはギャオス(泣き声、ガメラの敵)とよびます。私の怒鳴り声にそっくりなそうです。

投稿: kikiyoko | 2007年1月22日 (月) 23時24分

>kikiyokoさんコメントありがとございます。ヒヨドリ来ましたか。まだ何かのエサを狙っているはずです。観察しているとエサを他の鳥が食べようとすると凄い勢いで飛んで来て威嚇します。ひとりよがりで共存出来ない鳥のようですね。

投稿: tony | 2007年1月23日 (火) 09時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/5031193

この記事へのトラックバック一覧です: ヒヨドリの食害:

« 村田浩&THE BOP BAND | トップページ | 気鋭のピアニスト金子亜里紗 »