« 3台目のピアノ | トップページ | インターネット放送 »

2007年1月17日 (水)

邦人ジャズ4弾 岸ミツアキ

Kishi 本邦で最も安心安定した実力を持ちエンターテイメントに優れたジャズマンは岸ミツアキをおいていない。こ難しいことはしない。ひたすらスイングし、かといってイージーリスニングにならず適度な緊張感とのバランスがいつの間にか岸ミツアキの世界に入り込んでしまう所に真骨頂がある。リーダー作は10枚(1枚はオムニバス)リリースされている。比較的新しいものでは「The Magical Jazz Cafe」が楽しめる。よく知られた曲を自家薬籠中のものにしてしまう。エンディングの「A Touch Of Melancholy」はオリジナルだがGマイナーのAABA形式のワルツ。美しいメロディが印象的で余韻が残る。最新作の「ララの夢」は全曲ボサノバで統一した企画。随所に岸の個性が出ているがジャズ的な緊張感の不足は否めない。ライブでは自身の軽妙なおしゃべりと解説もあっていっそうジャズの楽しさを味あわせてくれる。

|

« 3台目のピアノ | トップページ | インターネット放送 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/4962998

この記事へのトラックバック一覧です: 邦人ジャズ4弾 岸ミツアキ:

« 3台目のピアノ | トップページ | インターネット放送 »