« ジャズはマイナーレーベル | トップページ | マンサク≒まず咲く »

2007年1月31日 (水)

ジャズ喫茶の重鎮「ちぐさ」消ゆ

横浜のジャズのメッカは野毛。そこに老舗のジャズ喫茶「ちぐさ」と「ダウンビート」がある。日本最古を誇る著名な「ちぐさ」が今日閉店する。実に74年に亘るジャズレコード文化に幕を閉じる。一帯のマンション建設のためだ。輸入盤が高価で入手が困難な1960年代にジャズ喫茶は貴重なオーディオルームと化し大盛況を呈した。亡くなられたマスターは戦前,弱冠20歳で開業しその時既に1000枚のレコードを蒐集していたスゴ腕。入口右のカウンターにコーヒーサイフォン、両側の壁面にLPジャケットの掲示、左奥にスピーカが鎮座しテーブルは5,6卓のレイアウト。帰省時に幾度か立寄ったが時間帯が悪いのかいつもお客は誰ひとりいなかった。1.2枚リクエストして店をあとにしたが既にジャズ喫茶は往時の隆盛は失っていた。しかしジャズ喫茶が果たしたレコード文化の役割は計り知れない。
Forever ちぐさ
Img_0783

←マスターであった故吉田衛氏が上梓した「横浜ジャズ物語「ちぐさ」の
 50年」でちぐさにまつわる横浜ジャズの全貌がわかる。
 1985年 神奈川新聞社刊

|

« ジャズはマイナーレーベル | トップページ | マンサク≒まず咲く »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/5146693

この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ喫茶の重鎮「ちぐさ」消ゆ:

« ジャズはマイナーレーベル | トップページ | マンサク≒まず咲く »