« ホッド・オブライエンが元気 | トップページ | 邦人ジャズ4弾 岸ミツアキ »

2007年1月16日 (火)

3台目のピアノ

ジャズではピアノを中心としたものを良く聴く。何十年前にピアノ教室に通い身近な楽器であった事も影響している。今あるピアノは3台目だ。Y社のC3という普及形のグランドである。アップライトの高音部でキンキン、コンコンという響きのない音がなじめずニ十数年前になけなしのお金を叩いて買い替えた。音漏れ防止にサッシの二重化、脚には低音伝播防止器具の取り付け、300キロを超える重量に耐えるための床補強など周囲の騒音(ジャズ音)防止に気を使った。ピアノの椅子に座る時間は計り知れない程多いがスキルは一向に向上しない。そもそも素質がないのだ。スタンダードのバイブル「1001」、「ピアノコード集」やピアニスト執筆の教則本を手当たり次第買い集め特訓したがダメだ。一人学習では限界がある。それでも懲りずにビクター・ヤングの名曲「MY FOOLISH HEART」をポロンポロンと奏って自己満足している。

|

« ホッド・オブライエンが元気 | トップページ | 邦人ジャズ4弾 岸ミツアキ »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

はじめて聞きましたが、とにかく楽しい連弾です。今度注目です。またの記事を楽しみにしています。

投稿: kikiyoko | 2007年1月16日 (火) 20時23分

ピアノは小学一年生の時から無理やり習わされました。でも全然進歩していませんでした。母にお父さんの背広を買うお金を無理してあなたのピアノにつぎ込んでいるのよと泣かれてもいやなものはいやでした。しかしあるとき中学2年生になって、突然目覚めました。ピアノは歌うものだということを、それからは、音楽の先生が感激するような演奏をしました。しかし中学3年生でピアノをやめました。もうお金がないと母に言われたからでした。無駄だったのだろうか。そうでもないような気がします。母は私のことをあきらめて自分でピアノを独習しました。今はみんなの前で歌の伴奏ができるようになりました。

投稿: kikiyoko | 2007年1月16日 (火) 20時32分

>kikiyokoさんコメントありがとうございます。ピアノですごい経験されたのですね。何事も自分から興味をもって率先してレッスンすることが上達につながるんですね。それにしてもお母様の独習で歌伴すごい実力ですね。私なんか足元にも及びません。

投稿: tony | 2007年1月17日 (水) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/4948443

この記事へのトラックバック一覧です: 3台目のピアノ:

« ホッド・オブライエンが元気 | トップページ | 邦人ジャズ4弾 岸ミツアキ »