« 34年前のカセットテープ見つかる | トップページ | 杉原淳&サラブレッズの魅力 »

2007年1月25日 (木)

世界遺産暫定リストに4件追加さる

世界遺産はTV放映をはじめメディアの過熱振りに収まる気配がない。そんな中新たに日本の「世界遺産暫定リスト」(以下「暫定リスト」)に「富士山」他4件の追加が報じられた。そもそも「暫定リスト」とは何なのか。「暫定リスト」とは当該国が5~10年以内に世界遺産に登録される事を目指した物件リストの事である。つまり「暫定リスト」の中から世界遺産が誕生するのでリスト化は必須でありどの国も同じだ。日本の「暫定リスト」はこれまで4件(石見銀山遺跡、平泉の文化遺産、古都鎌倉の社寺、彦根城)である。この内政府がユネスコ機関に推薦した「石見銀山遺跡」(島根県)は今年の世界遺産委員会で審議される。また「平泉の文化遺産」(岩手県)も来年審議予定であり順調に行けば2008年には世界遺産は15件(文化遺産12件、自然遺産3件)になる。「暫定リスト」化されると厳しい審査を経て政府の推薦を受ける必要がありまだ紆余曲折がある。1992年の「暫定リスト」に上った鎌倉や彦根城もいまだに推薦の見込みが立っていない。他に暫定リスト候補に「善光寺」など文化遺産に20件程度上がっている。一方自然遺産では「小笠原諸島」が2009年の登録を目指して動いている状況である。

|

« 34年前のカセットテープ見つかる | トップページ | 杉原淳&サラブレッズの魅力 »

「趣味」カテゴリの記事

コメント

世界遺産になると観光客がくる観光地のグレードアップができる。そんな目的でしょうか。いまいち、さめています

投稿: kikiyoko | 2007年1月25日 (木) 23時39分

>kikiyokoさんコメントありがとうございます。たしかにkikiyokoさんの意見は当然あると思います。ユネスコの理念は地球規模のかけがえのない貴重な遺産を後世に残して行こうと考えているのだと思います。登録されると観光客が押し寄せて価値の保存維持が大変のようで何処の国も頭を抱えているのが現状のようです。

投稿: tony | 2007年1月26日 (金) 09時18分

コメントありがとうございました。世界遺産ということの考え方が良くわかっていませんでした。昨日、出水鍾乳洞のAコースを歩いてきましたが、子供の喜んだこと、一様ではありませんでした。子孫代々、残しておいてほしいものの一つです。

投稿: kikiyoko | 2007年1月29日 (月) 09時59分

>kikiyokoさん再コメントありがとうございます。ところで「出水鍾乳洞」は何処にありますか。

投稿: tony | 2007年1月30日 (火) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/200184/5067630

この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産暫定リストに4件追加さる:

« 34年前のカセットテープ見つかる | トップページ | 杉原淳&サラブレッズの魅力 »